日本人の音の感性

 

以前ホームページにも書いたように、東洋人には独特の感性があります。つまり特に日本人は高温多湿の国ですから、喉を絞めて搾り出すような独特の発声をしなければ音が届かないのです。そのために浪花節のように強引に喉を締め上げた力で出す発声になります。演歌の所謂こぶしのところがそうですね。

そういった日本人の感性が一番よく表れるのは器楽よりもむしろ歌です。アルトの歌い手でヨーロッパに留学してカールリヒターに見出されて、BachのカンタータのCDを出したりして、素晴しい歌い手の人がいました。日本に帰ってきて1年目に再び演奏を聞いたのですが、全くがっかりしたのですが別人のように日本の発声に戻っていました。それは私と同世代の男性歌手にも同じことが言えます。イタリアの名ボイストレーナーが日本に来て、彼を見出して、特別に特訓をしました。素晴しい歌手になってイタリア歌曲などをNHKなどで歌っていました。ボイストレーナーがイタリアに帰るときに、連れて一緒に帰るといったのですが、本人はイタリアには行きませんでした。それで1,2年もするとすっかり日本独特の発声に戻ってしまいました。

このことは多かれ少なかれ、いろいろな楽器に当てはまります。日本人の独特の音だしが高温多湿の日本の風土に根ざした、音に対しての感受性であるといったらどうでしょうかね。それがヴァイオリンの弓を力で押さえつけた3点支持の音の出し方にも顕著に現れています。3点支持の強引な音出しでは、ヴァイオリンは楽器として痛んでしまいます。自然に音を響かせてそのヴァイオリン本来の音を出す事、それが大切な事です。しかし、某国立オーケストラのコンマスのように、(私のお友達の名誉のために言っておきますが、コンマスは10名以上います。)出したい自分の音を強引に要求するようなヴァイオリニストはストラディバリの楽器ですら台無しにしてしまいます。「私色に染めて・・」と言うのは楽器では絶対にやってはいけないことなのです。


日本人の弦楽器の演奏を聞くたびに、「どうして、日本人はヴァイオリンやチェロを、ああいう風にミ〜ミ〜と奏くのだろうか?」と、常日頃から私は疑問に感じていました。
私は、結構「ながら族」です。
同時に複数の仕事を「しながら」とか、「テレビを見ながら」論文を書いたりします。
という事で、ある時にテレビをつけながら、論文を書いていた時に、モンゴルの大平原で演奏する馬頭琴の音が流れてきました。
その時に、ハッと気がつきましたね。
馬頭琴の音は日本人のチェロの音だったのです。
そうだ!!ヴァイオリンは胡弓の音ではないかいな!
それこそ、高温多湿のアジアの音ですよね。





それに対してヨーロッパは一年中空気は乾燥しています。

その例が、一番現れているのはヨーデルでしょう。

ヨーデルはアルプスのふもとを登りながら、岩肌に向かって歌います。ヨーデルの甲高い音はよくこだまします。ヨーデルはアルプスの岩山では一番反響しやすい発声なのです。

同じように、ヨーロッパの音楽は、基本的に王宮か教会の石造りの広い部屋の中で演奏されました。
だからよく響かせる事が音出しの基本になります。

 

だけれども、日本人は生まれついて以来、日本的な音の出し方に慣れています。と言うか、その出し方以外、知らないのです。だから、結局、どんなに注意しても、いつの間にか無理やりに音を出してしまいます。言い換えるとそれが日本人にとって自然に聞こえるから困ったものなのです。

 

しかし、ヨーロッパでも、問題が無いわけではありません。

Baroque時代には当然製作された楽器はその楽器が演奏される会場とお客の人数に対して正常な音量を持っていました。(正常な音量と言うのは、無理なく響く音量と言う意味です。)

しかし、一般の民衆が力を持って、音楽が貴族から広く大衆のものになったときに、音楽は沢山の聴衆の前で演奏されるようになって来ました。所謂大ホールが出現したのです。初期の大ホールは現代の我々が見るような、音響の設備が考え抜かれたホールではありませんでした。ミュンヒェンのヘラクレスザールをはじめとして、むしろコングレスホール(所謂会議場を兼ねるもの)が殆どでした。
ミュンヘンのヘラクレスザール

 













そのために音響は、むしろ古典の時代になると、最悪になってきました。

そこで、violinにはいろいろな改良(?改悪)が加えられるようになりました。弦の張力に耐えられるようにviolinの表板の裏に力木を取り付けて、張りを強くするためにネックの長さを長くする。そのためにviolin特有の柔らかな暖かい音が失われる結果になって、芯の強い張りのある力強い音になりました。当然そのviolinの弦の張力に対抗できるように、弓も柔らかな、弓のそりを、逆反りに変えて、弓も毛の張力を高めたのです。



上段がbaroque-bow   下段がモダン(現代bow)



それはあくまでまだ張りの強い音という意味なので音色的な意味合いだけの事で問題は無いのですが、日本人の場合は、押さえつけた浪花節のような音が好きなので、弓を3点支持で、腕の力で押さえつけて、つぶれた音を強い音だと思い込んでいます。それはviolin界だけの問題ではなく(ピアノを含む)音楽家の殆どの人達も、・・・なのです。そういった音が、強い音である、と思い込んでいるのです。



力で出した音は、音響学的にはノイズの多い割れた音なので、音楽には向かず、耳を疲れさせるのですが、それを日本人は正しい音であると思い込んでいるのです。それが感性的に気分の悪い音とは思えないのです。感性的に思えなければそれはもう治りません。



いくら遠くまで届く音(遠音の利く音)であったとしても、柔らかい音は耳に優しく、一見弱い音のように感じます。それを(弱い音という思い込みで)理解できない先生が多いのが、困ったものです。

それを理解させるのに、理論だけでは無く、オシログラフなどを持ち込んだりして見ても、結局のところは感情的に駄目で、自分としては、ホールなどで数多く弾いて、よく遠音の聞く音を経験的に理解しないと分からないのではとも思ったのですが、一番数多くホールで弾いて経験しているはずのオケマンが、一番分かっていないのです。

ホールで数多く弾いたから、経験的に習得出来る、ということがもしないのなら・・。

困ったものです。



ある程度、そういった遠音の利く音の出し方が見に着いてくると、不思議な話なのですが、ホールで音が「見える」ようになります。そうすると本当に自分の音がコントロールできるようになります。

知り合いの日本人の楽器製作者と偶然ホールで隣同士になった事があります。

その時は、有名な日本人のチェロ奏者によるCelloとピアノのリサイタルでありましたが、日比谷公会堂という結構広いホールでの演奏会でした。

その楽器製作者の人が彼の演奏を聞きに来ていたのは、実は今回の演奏会で彼の作った楽器を弾くからでした。演奏会が半分終わった休憩のときに、彼から「俺の楽器、どうかい?」と聞かれたので「私達の席の2,3列前までしか音が届いていないよね?」と言ったら、「そうなんだよ。俺の楽器はもっとちゃんとホールに響くはずなのだが・・・!」と怒っていました!

でもこの会話で注意して欲しい事は、音が2,3列前までしか届いていないと言う事は、音が聞こえていないと言う意味ではないのです。勿論、ホールの隅々まで音は聞こえているのです。私達が言う音が届いていないと言う言葉の意味は、楽器の持つ音の質量感が届いていないと言う意味であるのです。

この意味が分からないと楽器を鳴らすと言う意味は分からないし、楽器を鳴らせなければ、当然本当の意味でのプロの領域には入れないのです。

本当の音を身につけることが出来ると、モダンの音の出し方はとても簡単に出来ます。

と言う事でうちの教室の先生は自分の勉強の他に、教室の先生達のグループの研究テーマとしてbaroque音楽を研究しています。



ヨーロッパの大学生は最低でも、5ヶ国語ぐらいはしゃべれます。

「しゃべれる」と言うのは、ヨーロッパ人の場合には、日本人とは水準が違っていて、その言語で夢を見れるというぐらいのレベルであります。

そのことについてドイツ人の友人に質問したことがあります。「どうして、ヨーロッパの人はみんな、そんなに言葉がしゃべれるのかい?」

彼は丁寧に私に教えてくれました。ヨーロッパで大学を目指す人達は、ギリシャ語とラテン語を学ぶそうです。ギリシャ語も今のギリシャ語ではなく、ホメロス時代のギリシャ語だそうです。ラテン語に至ってはカトリックの教会を除いてはもう使用されている国はありませんよね。何故、そんな言葉を学ぶのか?それは、ヨーロッパの全ての国の言語はギリシャ語かラテン語から派生したものだからです。ギリシャ語はドイツ語や英語に派生します。英語とドイツ語が出来れば、この私でも、オランダ語はある程度理解する事ができます。勿論、夢を見るなんて、とても無理ですが、私達が普通、中国語がしゃべれなくっても漢字である程度の意志の疎通は出来ます。それと同じぐらいの会話力は自然に出来ます。同様にイタリア語とスペイン語はほとんど代わりません。鹿児島弁と津軽弁のほうが遠いかもしれません。語源を勉強することは、勉強の王道(近道)なのです。



教室では世界の音楽の中でも最先端に、1990年からFiori musicali baroque ensembleと言う教室の先生達のbaroque音楽の演奏のグループを作って、演奏活動をさせています。



東京オペラシティにて

トリオソナタなどのバロック音楽を中心に連続演奏



先ほども述べたように、Baroqueviolinを勉強することは、弦楽器の音出しの原点を学ぶ事でもあります。正しい音程や、正しい音出しをそこで学ぶ事ができます。

そうするとモダンの弦楽器で本当の音出しをすることは、驚くほど簡単になるのです。

笈ー塚音楽研究所のPageに次ページ分が残っていたので、コピペしました。