top-Pageへ

homepageを閲覧した人から文字や絵が重なって表示されるというclaimを受ける事があります。homepagebuilderでは、標準モードでhomepageを作成すると、画面が横にスクロールされる形になって、layoutが壊れる事はないはずなのですが、最初に何処でも配置モードで作成していたので、標準モードに変えても、横にスクロールが出来なくって、layoutの改善が出来ません。netで調べても、その改善策が出てこないので、もうしばらくお待ちください。

You Tubeにupload済みの
演奏からのselectです。
作成中です。

演奏光景

芦塚baroque・古典派音楽研究室

日本人は、「教育教材である」というだけで、初心者用の曲を、小馬鹿にしてしまう傾向があります。子供用の教材と言う事ならば、どんな大家が作曲した曲であっても、真摯に研究をする事もなく、・・・というか、研究する内容がある・・という事を信じようともしないのです。
Pianoを勉強する子供達ならば、必ず、学習した事のあるsonate albumなのですが、私が「本当は、子供達の教育教材として作曲された曲ではない」と言うと、音楽演奏家も含めて、音楽の指導者達は、「え〜つ!」と、驚いてしまいます。

後世の出版社の人達が、簡易で優れた古典派のSonateを集めて、sonatine albumとして教育教材用に、編集して出版したものなのです。
この曲集の演奏の難しさは、私が長年、You Tubeで模範演奏を探してみても、CD等を聴いて見ても、模範となる本当の演奏をしているpianistは未だにいません。
本当はどの作品も、とても素晴らしい曲なのですが、その演奏が、全く古典派の様式による演奏ではないのですよねぇ〜??
近頃は個人でforte-pianoを所有するpianistが増えて来て、喜ばしいのですが、それでもforte-pianoの演奏ではないのですよ。
音がとても汚いのに、「forte-pianoは未完成の楽器だから・・!」と言っているpianistがいて、困ってしまいます。まあ、proを目指すpianistは小さな子供の内からdouble actionのgrandpianoで練習をするので、touchが現代のPianoのtouchなのですよ。Chopinのforte-pianoも、amateurの人達の方が、美しい音で演奏をしたりしていて、呆れてしまいます。proの自惚れは全く、困ったもんですよね〜ぇ??Chopinのforte-pianoは当時のtouchでしか、音は再生出来ないのは、当たり前なのだけど、それが分からないのよね〜ぇ??

sonatine album index

このPageは、基本的に「教材研究とAnalyse」のPageと、被ってしまうので、Page自体を削除する事にします。

構造分析と芦塚メトード

音楽指導者へのadvice集

音楽教育論文

一般教育論文

本来的には芦塚音楽研究所の講師募集のPageに
掲載されていた文章へのlinkなのですが、参考までに
一応、linkさせておきます。
「一応、link・・」という意味は、このPageを読んで、教室の
講師募集の面接に来た剛の者は、未だに一人もいないからです。

面接希望者の方のページ

●お茶飲み話しをrenewalしました。欠落した文章はそのままなのですが、一応、出来る所までは、Recoveryしました
●VivaldiのIl favoritoのPageを新設しました。UV楽章の演奏は今年の秋の発表会なので、それまでは保留です。
●VivaldiのOp.4Nr.2 e moll StravaganzaのPageをrenewalしました。
●VitaliのChaconne in g とFerdinand DavidについてのPageを新設しました。

詳細な写真を見てみたい方はクリックしてください。

芦塚先生個人のプロフィールです。全然別の道を歩いていた先生がどうして教育の道に入ったのでしょうかね。なぞです。

教室を作った経緯など、普段忙しくてゆっくりお話しできない内容の文章が沢山あります。

芦塚陽二先生所有の1749年グジョン製作
のモデルによる2段鍵盤チェンバロです


以下のサイトは芦塚音楽研究所のページです。linkをします。

楽器購入advice


芦塚先生のFacebookT
2014年9月4日〜2015年12月31日まで
芦塚先生のFacebookU
2016年1月1日より12月31日まで
芦塚先生のFacebookV
2017年1月1日より12月31日まで
芦塚先生のFacebookW 
2018年1月1日より12月31日まで

芦塚先生のFacebookX 
2019年1月1日より12月31日まで

芦塚先生のFacebookY 
2020年1月1日より12月31日まで 

音楽の雑談です。

芦塚先生はレッスンやオーケストラ練習の時に、お説教としておもしろいお話をしてくれます。子供達は芦塚先生のお説教が大好きです。

少し作品を載せてみました。縦書きの文章が横書きになると、作品のイメージが全く変わってしまう。と芦塚先生がふてくされていました。それから作品といっても音楽とは関係がないものばかりなので、そのうち芦塚先生の個人のホームページに引越しする予定です。

出版された作品だけのコーナーです。

紀行文・詩・  Essay・短編音楽家芦塚先生の裏稼業です。文学系の作品集です。
教室のホームページとは、全く、関係のない個人的なPageなので、そのうち、個人のホームページに、お引越しも考えています。文章も極一部を掲載しているだけなので、中途半端だしね。

芦塚先生所有のバロックヴァイオリンです

芦塚先生の雑談のコーナーです。音楽に限らないでジャンルが少しはみ出してもよいことになっていますので、何が出てくるかは後日のお楽しみ。

芦塚先生の著書で、出版されている既刊本に限って載せています。

芦塚先生の作曲された作品の一部です。全体はとても無理なので。

教室で作成した一般音楽教材とマニュアル、等を集めました。

芦塚先生の作曲集です。出版されているものや、教室で製本している作品に限りました。
今回You Tubeにupした演奏を目次にリンクさせました。

教室で製作製版した作品の目録です。

子育てや教育についての、日本社会の問題点を中心にして、子供達の究極の目標である「本当の意味での幸せ」とは何か?というthemaで書かれている論文を集めたindexになります。
但し、なにか一芸を追求する子供達や、その保護者の人達にとっての、adviceであり、逆に、普通に・・・を目的とする、一般の大学進学を目指す生徒達や保護者の人達には必要のない論文かもしれません。
それに、athleteや音楽大学を目指す特別な生徒家庭の場合においても、技術が身に付かないで悩んでいる人達が殆どのように思われますが、実際には、その人の技術が向上しない・・という事ではなくて、その人達自身の心の置きどころ、意識の問題である場合や、世間一般の周りの人達との軋轢に原因がある場合が多いように見受けられます。
私達の教室の生徒達の場合には、「音楽の技術は持っていても、音楽に向かう意識がない」・・という事が、いつもの問題なのですが、そういったcaseの例は、一般的には、有り得ない事で、皆の悩みは技術の問題だけだ・・と思われるので、ここで、themaにされている意識付のための論文は、教室以外の家庭、一般家庭には必要のない論文になってしまいます。
まあ、興味のある人達は「参考までに:」読んでいただけたら、幸いです。

教材研究のindexは下の「教材研究とAnalyse」のページにもまとめてあります。
音楽の指導者や教育者を対象にして書かれた、かなりの専門的な内容のパスワード付きの教育論文集です。  芦塚メトードの基本となる概念を解き明かした論文を中心に教育上の諸問題を解説しています。
2018年の小学・低学年の生徒達が、頑張って!!・・お母様の手助けを得ながら、この難解な論文の読破に挑戦しているらしいので、パスワード付きの論文の鍵を開錠しておきます。
この論文の読破が、一番必要な音大生や音楽教室の講師の人達には、少し難解過ぎるか、fremd(異邦人)らしく、理解出来ないのか、理解したくないのか、・・・で、結局、この文章を読んで、共感のメッセージをくださるのは、ほとんど、私と利害を等しくする同業者の人達だけです。
いや〜あ、困った!困った!!

音楽を学んでいると、どうして?と思われる普通の事が楽典の本や色々な文献を調べても出てこない事がままあります。例えば、g moll(ト短調なのに♭が一つしか付いていない曲が沢山あります。でも、どうして?その疑問に答えている楽典の本は通常はありません。

芦塚先生の個人のホームページ 「芦塚陽二の闘病記」へのリンクです。

ピアノの鍵盤は何故重いか?というような子供達からの素朴な質問や、ピアノの演奏技術のポイント、ChopinやBeethoven、等の古典派の作品の演奏法や音楽に対する考え方等指導者達へのアドバイスを掲載しました。

朝食ですら菓子パンのような甘食で、朝昼晩の三食をコンビニ食を食べている子供達が増えている現実があります。私の近親縁者にでも、全く食事が出来なくって、食べれるものはお菓子と寿司のトロだけ・・とかいうつわものがいました。そうして世界中で食育とかいうとんでもない言葉が蔓延するようになってしまいました。芦塚先生は戦後のどさくさで、中学生の頃から自炊をしています。でも、正式な料理は習った事がありませんから、見よう見まねで覚えて行った手抜き料理とオリジナルの料理です。

index

芦塚先生の近況を報告します。というか、愚痴かもしれませんが。よろしければ、お入りください。

芦塚先生のお部屋のお話の総ての文章のindexと簡単な解説のPageの一覧表です。
どの論文がどのボタンの中に入っているのかが分からない時にご利用ください。

以前のhomepagebuilderは、超ヘボくて、余りlinkを貼ると、Pageがfullsizeして、開かなくなってしまったので、直接論文のPageにlinkさせていませんでしたが、随分改良されて来て、直接、幾つもlinkが出来るようになって来たので、折にふれて、暫時linkをさせてindexとして使用出来るように努力していますが、その途中でhomepagebuilderの不具合で、「芦塚先生のお部屋」全体がぶっ飛んでしまいました。今はこのindexのPageよりも、文章を復元する作業をmainにやっています。

音楽を指導する先生方や、音楽大学等で音楽の演奏のための理論を学ぶ人達へのadviceとして、正しい理論的な裏付けによる演奏法の理解、生徒達への技術指導法のadvice、等々の音楽を勉強する人達にとっての、lectureとしての専門的なページです。
勿論、現行の音楽教育に対しての批判等も掲載されています。
本来的には、このPageの分類ではありませんが、なぜか、無伴奏のperiod奏法等の専門的な奏法の解説のPageも、linkしています。

芦塚先生が花園の教室を開設した経緯、教室の独自性を中心としたお話を集めたものです。

音楽を学習している時に、ふと、疑問に感じる何気ない疑問、しかし、そういった疑問を持った時に、楽典の本を紐解いてもその疑問に答えている本は殆どありません。
そう言った内容の「楽典のお話」を、「マンガ楽典物語」として、小冊子にまとめて、出版も考えたのですが、内容が、超、高度な内容で、一般的な販売網には乗らない・・という事で、自社出版の本として、配ってきました。
そう言った不可思議な疑問を集めた「マンガ楽典物語」の続編として、「楽典のお話」のPageに、これまで生徒達に答えて来た楽典のお話を纏めてみました。
「教材研究とAnalyseのPageに入れるべき、曲のAnalyseのPageが無数に入っているので、暇を見つけて、暫時、Analyseのsiteへお引越しをしたい・・と思っています。

芦塚先生のオケ練習や室内楽の練習の時の、子供達に話をしたお説教集です。

Cembaloという楽器の名前の由来や、楽器の四方山話を集めました。

自炊歴が大変長い芦塚先生の実践的な手抜き料理です。
料理教室と言うと、とても本格的で敷居が高く、中々料理を自分ではしようという気持ちにはなれないので、取り敢えずは、先ず簡単に手抜き料理でも、作ってみようよ!という事で、子供達のために書き始めました。折に触れて気が向いた時だけupしているそれこそ、手抜きのページですがね。本格的な料理のページしかなかったので、それ相応に価値はあるのかな?と思っています。この料理教室のページについては、周りからは総スカンの猛反対をくったけれどね。

膨大な論文がどの項目に入っているのか?またその内容は?というindexのページです。

ピアノやヴァイオリンが上手だったら、音楽大学に進学できたり、音楽の世界で活躍できるというような、間違えた考え方で、音楽大学を受験しようとする人がいます。音楽の勉強は高校から音楽大学の進学を決めてもそれは不可能です。では、音楽を専門に勉強するためにはどういった基礎知識が必要なのか?を説明しました。

下の写真をクリックすると、別のサイトである芦塚音楽研究所のトップページにlinkします。

このページは、本来は芦塚音楽研究所のトップ・ページ
から入りますが、内容的に、音楽大学受験へのアドバイスなので、「芦塚先生のお部屋」に掲載されるべき内容なので、一応このページ
からリンク出来るようにししました。
音楽大学は、専門大学なので、一般の大学とは、全く考え方が違います。
世間の風評のような、勘違いで音楽大学受験を目指すと、とんでもない事になってしまいます。
という事で、通常の音楽大学受験に対しての解説の他に、レッスン代に関するtweetや、音大卒業後の就職等の話のtweetに、参考までにリンク出来るようにしておきました。

下のニャンコの絵をクリックすると、
このページのトップに戻ります。

上の画像をクリックすると「お茶飲み話」というか、愚痴を聞いて貰うPageに行きます。 芦塚先生の個人のホームページの「欝日記」の姉妹篇の欝日記です。
2013年4月26日「論文のネタ集」を追記しました。
2013年2月28日の「論文のネタ集」を追記掲載しました。未だ未完成なのですが、Facebookに同じ内容の文章を書き始めたので、このsiteは未完成のままになってしまいました。

「教材研究とAnalyse」のPageが、あちこちのsiteに散らばっていて、見つけるのに、一苦労だったので、indexのPageを新設したのですが、それとは、別に「教材研究とAnalyse」だけを、一つのPageにまとめておきました。基本的には一曲毎の分析や解説のPageのindexで、Sonate形式とかChaconneとかの大きな事柄に対しての解説は「芦塚先生のオケ・室内楽lesson等のお話」に掲載しようと思っています。

このPageの当初の目的は、私が、普段のlessonやオケ・室内楽の練習でお話した内容の諸注意や、留意点等々を、子供達へ確認させるために、このPageを作りました。
「楽典のお話」や「教材研究とAnalyse」のPageとの一番の違いは、読者の対象が、大人ではなく、教室の子供達を対象として書いている論文・・という分類のはずだったのですが、子供達が全くhomepageを読んでくれない、・・・見てもくれない、ので、このPageは開店休業状態になっています。
ああ、miserable!!

音楽の話に限定しないで、思いつくままに、徒然に書かれた雑文です。気軽にお読みください。

単なる芦塚先生の履歴です。興味のある方は・・とは言っても、未だ何も書いていません。教室ことはじめ物語と合体しても、良いのかな〜ぁ?・・という事ですが・・

将来、音楽の指導者を目指す人達への、adviceの論文になります。
音楽教室への就職に関しての、勘違いやadviceは、別の「講師募集」のsiteから入ると、キツ〜い苦言がいっぱい書いてあるPageに行きます。これを、真面目に読んでくれた音大生で教室の講師面接に来た生徒は一人もいません。また、面接希望者に、読むように勧めると、その後は、二度と電話は掛かって来なくなります。
・・と言う事なので、下の「インスト・マニュアル」のような音楽技術へのadviceとしてのお話ではなく、指導者としての意識の持ちようや、職業人としての音楽に対する考え方、生徒や保護者の方達へのadviceの仕方等のadvice集です。
これから音楽教育の世界で生きて行きたいと考える人達へのadvice集になります